「第2回コーパス日本語学ワークショップ」のお知らせ

研究発表募集のお知らせ

国立国語研究所言語資源研究系・コーパス開発センターでは,2011年度より「コーパス日本語学ワークショップ」を開催しています。このワークショップは現在国立国語研究所言語資源研究系で進められている各種共同研究プロジェクトの成果を公開形式で報告するとともに,研究発表を広く一般公募することによってコーパス日本語学ないし日本語言語資源研究の開かれた研究交流の場を提供しようとするものです。

◆日程:2012年9月6日(木)~7日(金)
◆会場:国立国語研究所(東京都立川市)
http://www.ninjal.ac.jp/utility/access/
◆参加費:無料
◆主催:国立国語研究所言語資源研究系・コーパス開発センター

研究発表ご希望の方は以下をご参照下さい。

◆応募資格:どなたでも応募できます。
◆発表内容:
『現代日本語書き言葉均衡コーパス』『日本語話し言葉コーパス』『太陽コーパス』等のコーパスないし言語資源に依拠した調査研究,あるいは日本語に関連する言語資源の設計,実装に関する研究。※国立国語研究所が開発したコーパスを用いた研究に限定されるわけではありません。

◆参考URL:
「中納言」https://chunagon.ninjal.ac.jp/
「少納言」http://shonagon.ninjal.ac.jp/

◆発表形式:ポスター発表あるいは口頭発表。発表形式は主催者側に
ご一任ください。採否通知時にどちらかをお知らせします。

◆今後の日程:
2012年 6月 30日(土)  応募締め切り
2012年 7月     上旬  採否の通知
2012年 8月  5日(日)  予稿集掲載原稿締め切り
2012年 9月  6日(木),7日(金)  ワークショップ

◆応募手続:
(1)2012年6月30日(土)までに,発表タイトル,お名前,御所属,肩書(教員,大学院生等の別),400字程度の発表要旨を以下の受付メールアドレスに送って下さい。発表要旨には,使用するコーパスあるいは言語資源について記載して下さい。

受付メールアドレス: kotonoha@ninjal.ac.jp

(2)採択された場合は,2012年8月5日(日)までに予稿集用の完成原稿を上記受付メールアドレスに添付ファイルで送って下さい。ファイルはMSWordファイルとPDFの両方(TeXの方はPDFのみ)を作成し,A4判で4~10枚(ただし偶数ページで)。PDFにはフォントをすべて埋め込んで下さい。書式は以下のファイル及び見本を参考にして下さい。

・書式 http://www.ninjal.ac.jp/kotonoha/files/JCLWorkshop2012_format.pdf
・見本 http://www.ninjal.ac.jp/kotonoha/files/JCLWorkshop2012_sample.doc

◆注意事項:発表者に対し主催者側が旅費交通費等の費用を支給することはありません。
◆お問い合せは上記の受付メールアドレスまでお願いします。

 

Share on Facebook

カテゴリー: お知らせ, 研究会   パーマリンク

コメントは受け付けていません。